たんぽぽコーヒーって

「たんぽぽコーヒー」の誕生

昭和61年の春に頃に、紆余曲折を経て「たんぽぽコーヒー」は弊社で開発されました。

私たち森下薬農園はもともと農家でした。戦後間もなく、先代が薬草のカモミールを植えたのが始まりです。

私たち森下薬農園はもともと農家でした。戦後間もなく、先代が薬草のカモミールを植えたのが始まりです。

そして農家も共同作業をしてグループ化しないとだめだと考えて、鳥取薬農組合を作って漢方薬の原料を栽培してきました。


紆余曲折を経て昭和61年の春に、日本で初めて「たんぽぽコーヒー」として完成しました。

自分たちで厳選して調達してきた原料をもとに作った健康茶の製造が軌道に乗った昭和60年ごろ、ある一冊の文献を手にした先代の一念によって「たんぽぽコーヒー」の開発が始まったのです。

紆余曲折を経て昭和61年の春に、日本で初めて「たんぽぽコーヒー」として完成しました。

たんぽぽの成分って?

漢方名で蒲公英(ほこうえい)といい、漢方薬の上薬(じょうやく)に分類されてます。

体液の働きを良くすると言われ、母乳分泌の促進に役立ちます。

たんぽぽの根は漢方名で蒲公英(ほこうえい)といい、身体を温める薬草として広く知られています。

たんぽぽの根を折ると"白い汁"が出ますが、この成分は苦味質ビタミン類であり、タラキサステロールやタラキサンチンなどが多く含まれています。

また、体液の働きを良くすると言われ、母乳分泌の促進に役立ちます。

紆余曲折を経て昭和61年の春に、日本で初めて「たんぽぽコーヒー」として完成しました。

森下薬農園の「たんぽぽコーヒー」は、養分を蓄えられる秋に収穫した西洋たんぽぽの根を原料に使用しています。

洗って乾燥し刻んで低温熟成させた後に、コーヒーのような香りと味を作り出す自家焙煎をして粗挽きした、健康サポート飲料です。

たんぽぽのかすかな甘味と香りを引き出すために、混じりけなしのたんぽぽ100%で仕上げています。

たんぽぽの根を、コーヒー豆をロースト(焙煎)するのと同じように焙煎して作られた、コーヒー風味のお茶(色具合はまるでコーヒーのようなお茶です)。しかもノンカフェインで身体に良いのです。このことから、ネーミングによっては「たんぽぽ茶」と呼ばれたりするのです。

たんぽぽコーヒーをママに勧めるわけは?

たんぽぽ根100%でノンカフェインだから、ママのイライラを抑えて安心して飲める健康飲料だからです。

赤ちゃんを母乳で育てたいと思うママは多いですが、現実には思うようになりません。

赤ちゃんを母乳で育てたいと思うママは多いですが、現実には思うようになりません。

いざ母乳をあげたいと思っても不慣れなことが多く、睡眠不足になって母乳が出ないことも多々あります。

疲れると食事の味がどうしても濃くなりがちですが、母乳で育てようと気ばかりが焦り、カフェインは避けようと思いながらも「ああ、コーヒーが飲みたい!」という気分になります。

そして何より、授乳量を増やすこともできるのです。

そのようなママたちに接してきた助産師さんや産婦人科の先生たちが、赤ちゃんとママのためにこの「たんぽぽコーヒー」を進めるわけは、たんぽぽの根100%で作ったノンカフェイン飲料で、またそれはママたちのイライラを抑えて安心して飲める健康飲料だからです。

そして何より、授乳量を増やすこともできるのです。

母乳と栄養育児の利点

母乳で育てたいけど悩みを抱えているママは多く、毎月のようにご購入されています。

母乳は赤ちゃんにとって最高の食べ物であるばかりでなく、ママにとってもメリットが大きいのです。

母乳で育った子どもは人工乳育ちの子どもと違って

私たちのお客様の中で、断然多いのが「母乳育児」をされているママです。

母乳育児といえば「桶谷式」ってご存知ですか?

母乳育児といえば「桶谷式」ってご存知ですか?

昔から行われている痛いマッサージとは違い、乳房の基底部(乳腺体の後面)の伸展性をよくしておっぱいをスムーズに出す独自のマッサージです。

スムーズに母乳育児ができない、赤ちゃんが吸い付けない、おっぱいがバンバンに張る、おっぱいが痛い、おっぱいが足りない、断乳(卒乳)の仕方がわからないなど、母乳育児に不安を抱えておられるお母さん方に、乳房マッサージを行い、授乳指導援助、搾乳指導援助、を行っています。

そして何より、授乳量を増やすこともできるのです。

私たちの「たんぽぽコーヒー」は全国の桶谷式の認定助産師の方からも推薦いただいております。桶谷式を知って、薦められたので買いました! という方も大勢おられます。

【参考リンク】 桶谷式乳房管理法研鑽会
http://www.oketani-kensankai.jp/

「たんぽぽコーヒー」の植物療法

たんぽぽの植物療法は、母乳分泌促進(催乳)のほかにも多くの作用があります。

体液の働きを良くすると言われ、母乳分泌の促進に役立ちます。

たんぽぽは、漢方名で蒲公英(ほこうえい)といい、漢方薬の上薬(じょうやく)に分類されてます。ふだんは健胃が目的の漢方処方に用いられます。たんぽぽの植物療法は、母乳分泌促進(催乳)のほかにも多くの作用があります。

例えば、胆石持ちの人の不快感を減らしてスッキリした気分になれます。

母乳で育った子どもは人工乳育ちの子どもと違って